git add

変更内容をインデックスにステージングし、コミット予定とするコマンド

コマンドの概要

ワーキングツリーの変更内容をGitの管理対象とするためのコマンド。git addにより変更内容をインデックスに反映し、git commitを実行したときにコミットとして管理される。
インデックスは差分管理されないため、git addを実行するたびにアップデートされる。ファイルの追加、削除、編集などをインデックスへgit addで反映し、インデックスを整理してgit commitを行うことで、コミットを意味のあるかたまりとすることができる。
複数のファイルの変更を一括してgit addすることが多いが、ファイルやデイレクトリを指定してインデックスに追加したり、ファイルの一部だけをインデックスにステージすることもできる。

変更内容をインデックスに追加する

git addにインデックスに追加する変更を指定する

// カレントディレクトリ以下を再帰的に指定する
$ git add .

// ワーキングツリー全体を対象に指定する
$ git add -A

// <file> を指定して git add
$ git add <file>

// <directory> を指定して git add
$ git add <directory>

git add させないための「.gitignore」

ワーキングツリーのルートに.gitignoreファイルを用意し、Gitの管理対象外としたいファイルやディレクトリを書いておくとgit add -Aなどとしてもgit addされない。 git add -f <file>とすると、.gitignoreに指定されたファイルでもgit addできる。

関連するコマンド

git status : インデックスにステージされたファイルを確認する
git diff : インデックスにステージされた変更内容を確認する
git commit : インデックスにステージされた変更内容をコミットとする
git reset : git addを取り消す

その他の git add

// コミットしたことのあるファイルを対象として git add
$ git add -u

// インタラクティブモード
$ git add -i

// ドライラン
$ git add -n
Last modified 2020.06.11